プロスピAのSランク遊撃手(ショート)の強さランキングと能力評価をしています。

【プロスピA】Sランク遊撃手(ショート)強さランキング&能力評価一覧

【プロスピA】Sランクショート(遊撃手)強さランキング&能力評価

プロスピAで追加されたメイン適性ショートの選手の強さランキングと能力評価をしています。オーダーで起用する参考になれば幸いです。

 

このランキングは12球団のリーグオーダー(自動試合)で起用することを前提として評価を行っています。純正チームやリアルタイム対戦での評価は考慮に入れていません。

 

※そして、あくまでもプロスピAゲーム内での評価で、実際の選手の評価とは一切関係ありません。


Sランクショート強さランキング&能力評価(2020series1)

評価 選手名 解説 総合値

100

A

坂本 勇人
(通常)
プロスピA坂本勇人の能力評価

間違いなく現役最強のショート。ミート・パワーA超えのパワー型。称号でミート・パワーのA超えの同値にできればさらに強さは増す。守備適性もBあり、攻守で頼れる存在。 439

85
A

源田 壮亮
(通常)
プロスピA源田壮亮の能力評価

守備力の高さが魅力のショートで、守備力を重視してオーダーを組むなら欠かせない存在。走力もAを超えていて代走や守備固めとしての起用も選択肢になる。 443

80
B

茂木 栄五郎
(通常)

今シリーズから称号でミートAが狙えないようになったが、ミート・走力の同値で登場。遊撃守備適性もBあり、全体的なバランスが良い。限界突破4回以上でサード起用もできる。 389

75
B

今宮 健太
(通常)

デフォルトでは走力型だが、称号次第でパワー型やパワー・走力の同値にできる。遊撃適性はC68で特守によってBが可能。捕球は大きく上がりAになった。 429

65
C

エスコバー
(通常)

MLBで1367安打の実績がある選手だが、能力は控えめで走力型で登場。称号でミート・走力の同値にできる。スローイング・肩力の高さは、ショートとしてかなり魅力的。 411

65
C

大和
(通常)

能力は下がったが汎用性の高さが魅力で、限界突破3回以上で二塁と外野全ポジションで起用できる。称号で走力Aを狙える。 401

65
C

京田 陽太
(通常)

守備能力が上がり、ついに守備適性Aで登場。称号で走力Aも狙える。ミート・パワーの能力は低いが今後のさらなる成長に期待。 412

60
D

中島 卓也
(通常)

ミート・パワーの能力はかなり低いが守備適性Aと走力Aという守備・走塁面で信頼の置ける選手。代走や守備固め要員として重宝する存在。 384

60
D

安達 了一
(通常)

打撃能力は低いが走力と守備の安定感は魅力。限界突破3回以上でサード起用も可能になり、オーダーの幅が広がる。特殊能力もコンボを組みやすい。 399

60
D

田中 広輔
(通常)

昨年の大不振で能力は大きく下がったが、遊撃守備適性Bは内野のコンボ面でも助かる存在。今seriesから二塁適性が追加され、限界突破5回できれば二塁起用も可能。 394

55
D

藤岡 裕大
(通常)

全体能力は低く、走力型。捕球・スローイングの能力はそこまで高くないが肩力A80は魅力。限界突破4回以上できればサード起用も可能。 378

55
D

木浪 聖也
(通常)

全体的な能力は低く、走力型。遊撃守備適性Dと捕球F28は大きな不安要素。適性の豊富さが魅力で、限界突破4回できれば一塁・二塁起用も可能で、5回できればサード起用も可能。 347
トップへ戻る