プロスピAで楽天のSランク選手の強さランキングと選手能力評価をしています。

【プロスピA】楽天Sランク強さランキング&能力評価

楽天のSランク選手の強さをAEの5段階で評価しています。また、Sランク選手の強さをランキング形式で紹介しています。

 

このランキングは12球団のリーグオーダー(自動試合)で起用することを前提として評価を行っています。純正チームやリアルタイム対戦での評価は考慮に入れていないのでご了承ください。

 

<評価基準>

評価 概要

100
A

12球団オーダーで必須級の選手

90
A

能力が高く称号次第でさらに強力になる選手

80
A

能力が高い選手

70
B

称号次第でさらに価値が高まる選手

60
C

コンボ面などオーダー状況次第ではオーダー入りする可能性のある選手

50
D

能力はあまり高くないが状況次第でオーダー入りする可能性のある選手

40
E

現時点では低めの能力で純正のユーザー向けの選手

 

楽天 Sランク強さランキング(投手) 2020series1

評価 選手名 Point

100
A

則本 昂大
(通常)
(EX)

球威A80、スタミナA84のスタミナ型。称号で制球+3UPできればオールAが可能。球種は7つでB球種は2つ。特殊能力も強い。

90
A

岸 孝之
(通常)

A能力こそ無いものの全体的な能力が高く制球型。称号で球威型や球威A、制球Aなどオーダーバランスに応じて能力タイプを変えることができるのも魅力。

70
B

森原 康平
(通常)

球威B79の球威型の中継ぎ投手。抑え適性Bあり、限界突破なしで抑え起用もできる。称号で球威Aを狙いやすい。特殊能力も強い。

70
B

ブセニッツ
(通常)

球威B77の球威型で、称号次第で球威Aが可能。超0で中継ぎ起用もでき、オーダーで起用する選択肢が増える。

70
B

高梨 雄平
(通常)

球威B77の完全球威型で称号次第で球威Aも可能。球種は4球種でB球種は1つ。スライダーの変化量はMAX。

70
B

宋家豪
(通常)

球威が上がり、称号で球威Aが狙える能力になった。球種は4球種でB球種は2つ。制球D57は不安要素。

60
C

斎藤隆
(TS)

個人的には横浜でのTS登場を予想していたが、2014年楽天モデルでTS初登場。能力は球威Bの球威型で5球種。超5で抑え起用も可能。

楽天 Sランク強さランキング(野手) 2020series1

評価 選手名 Point

90
A

浅村 栄斗
(通常)

セカンドの中で目玉の選手で、能力はパワーAのパワー型。二塁守備は特守でBが可能で、超4から一塁も守れる。特殊能力も強く、弾道も特殊能力を上げることでパワーヒッターになる。

80
A

ブラッシュ
(通常)

打撃能力が高く、パワーAのパワー型なのでオーダーに入れやすい。メイン適性はCあるが捕球・スローイング・肩力の数値はEなのでDHでの起用の方が良いかもしれない。

80
A

鉄平
(TS)

2年連続のTS登場。ミートAのミート型なのでミート型オーダーには入れたい存在。センター守備適性Bあり、特殊能力は効果の強い「超アベレージヒッター」。

70
B

嶋 基宏
(TS)

3年連続のTS登場。ミートB78のミート型で称号でミートAが狙える。ミートAの捕手となればかなり貴重な存在になるので、称号次第で大きく価値が高まる。

70
B

島内 宏明
(通常)

能力UPし、今seriesからミート型になった。メインポジションのレフト適性はBあり、外野の守備コンボにも貢献してくれる存在。

70
B

鈴木 大地
(通常)

ミート型で、称号でミートパワーの同値も狙える能力。メイン適性はサードで、限界突破3回以上でファーストとセカンド、4回以上でショートとレフトも守れる。

70
B

ウィーラー
(通常)

パワーB77のパワー型で、称号でパワーAが可能。メイン適性は三塁で適性C、限界突破4回できれば左翼も守れるが、捕球・スローイングはFなので不安。

60
C

辰巳 涼介
(通常)

ミートパワーの能力は低いが、走力Aの走力型。メインのセンター適性はAあり、広い守備範囲と守備コンボの面で貢献してくれる存在。

50
D

小深田 大翔
(覚醒)

即戦力と期待されるドラフト1位ルーキー。ミートパワーの能力は低く、走力B78の走力型。メイン適性はショートで限界突破3回以上できればセカンドとサードも守れる。

40
E

太田 光
(通常)

全体的な能力は低く、走力Cの走力型。現時点ではオーダーで起用する優先度は低いが、2年目の飛躍に期待したい。

 

プロスピA初心者向け攻略講座

 

トップへ戻る