プロスピAでヤクルトのSランクの強さランキング2020と能力評価をしています。

【プロスピA】ヤクルトSランク強さランキング&能力評価一覧

ヤクルトのSランク選手の強さをAEで評価しています。また、Sランク選手の強さをランキング形式で紹介しています。

 

このランキングは12球団のリーグオーダー(自動試合)で起用することを前提として評価を行っています。純正チームやリアルタイム対戦での評価は考慮に入れていないのでご了承ください。

 

<評価基準>

評価 概要

100
A

12球団オーダーで必須級の選手

90
A

能力が高く称号次第でさらに強力になる選手

80
A

能力が高い選手

70
B

称号次第でさらに価値が高まる選手

60
C

コンボ面などオーダー状況次第ではオーダー入りする可能性のある選手

50
D

能力はあまり高くないが状況次第でオーダー入りする可能性のある選手

40
E

現時点では低めの能力で純正のユーザー向けの選手

ヤクルト Sランク強さランキング(投手) 2020series1

評価 選手名 Point

80
A

石川 雅規
(通常)

制球力が高く制球Aの制球型。球種は7つあり、★3コンボ「超変幻自在」を出すうえで重宝する存在。球速95キロのカツオカーブも健在。

80
A

石井 弘寿
(TS)

2018年以来2年ぶりのTS登場。球威がかなり高く球威A86の球威型。球種は全4球種で速球が魅力でストレートは球質S。限界突破3回で抑え起用も可能で、中継ぎ強化したいユーザーには特に魅力的な投手。

70
B

小川 泰弘
(通常)

能力はオールBのスタミナ型。球種面は球質こそ低いものの7球種あるため価値がある。称号次第で制球AかスタミナAにできる。

70
B

石山 泰稚
(通常)

能力が下がり、球威Aを割る能力になったが、称号次第では球威Aや球威制球の同値が狙えるようになるため、称号が特に重要になる。抑え適性もSあり、汎用性も高い。

70
B

梅野 雄吾
(通常)

球威B78の球威型で称号で球威Aが狙える。限界突破なしで抑え起用も可能で、限界突破5回できれば先発起用も可能。球種も6球種あり、全体的に悪くない能力。

70
B

マクガフ
(通常)

球威B77の球威型で、称号で球威Aも狙える能力。球種は4球種でB球種は1つ。限界突破なし(超0)で中継ぎ起用も可能。

70
B

奥川 恭伸
(覚醒)

完成度の高い本格派ドラフト1位ルーキー。高卒新人ながらプロスピAでの能力も高く、球威Bの球威型。球種は7つで、限界突破3回以上で中継ぎ起用も可能。

60
C

近藤 一樹
(通常)

球威型で5球種持ちのリリーフ投手。球威型なので比較的オーダーには組み入れやすい。特殊能力「奪三振◎」も強い。

ヤクルト Sランク強さランキング(野手) 2020series1

評価 選手名 Point

100
A

山田 哲人
(通常)
山田哲人2020

ミートAを割ったがパワー・走力のA同値。称号でミートAが可能。守備適性もBあり、プロスピAの選手の中でもトップクラスの能力。

100
A

ラミレス
(TS)
ラミレス(プロスピA)

昨年は巨人で登場したが、今年は2年ぶりにヤクルトでTS登場。能力はミート・パワーA超えのパワー型。称号で同値を決めることができればさらに強くなる。守備適性はEなのでDHでの起用がおすすめ。

80
A

川端 慎吾
(TS)

首位打者に輝いた2015年モデルでTS初登場。能力はミートA83のミート型。守備適性が豊富で、限界突破4回以上で一塁と遊撃、5回できれば二塁起用も可能になる。

80
A

青木 宣親
(通常)

38歳を迎えるシーズンながら全体能力が高く、ミートAのミート型。センター守備適性はCで限界突破4回以上でレフト・ライト起用も可能。TSでの登場候補にもなるが、現役バージョンもまだまだ強い。

70
B

雄平
(通常)
(EX)

能力はオールBの走力型。特殊能力「代打の神様」が付いていて代打要員として起用するのも選択肢になる。今年はEXでの登場も確定している。

60
C

中山 翔太
(通常)

全体的な能力は平凡でパワー型。パワー型なので比較的オーダーに入れやすい。特殊能力はあまりコンボを組みやすくない。

60
C

エスコバー
(通常)

MLBで1367安打の実績がある選手だが、能力は控えめで走力型で登場。称号でミート・走力の同値にできる。スローイング・肩力の高さは、ショートとしてかなり魅力的。

60
C

中村 悠平
(通常)

能力はオールCでミート型。捕手守備適性はBあり、センターライン適性B以上のコンボを出す際に頼れる存在。

50
D

太田 賢吾
(通常)

全体的な能力はあまり高くなく走力型。守備適性の豊富さが魅力で、限界突破4回以上できれば、一塁・二塁・遊撃での起用も可能。

 

プロスピA初心者向け攻略講座

 

ヤクルト Sランク強さランキング2019(投手)

評価

解説

85

石山泰稚(2019series2通常)
・球威Aの球威型
・称号で制球Aが狙える
・中継ぎ抑え適性両方S
・全4球種でB球種2つ

80

松岡弘(2019series2 OB)
・球威A、スタミナAのスタミナ型
・メイン適性は先発も、超0で中継ぎ起用も可能
・称号で球威型も狙える

75

石川雅規(2019series2通常)
・制球Aの制球型
・全7球種あり、超変幻自在コンボに有利

75

石井一久(2019series2 OB)
・球威Aの球威型
・3球種は超変幻自在コンボにマイナス要素

70

マクガフ(2019series2通常)
・球威型
・称号で球威Aが狙える
・中継ぎ抑え適性両方S

70

小川泰弘(2019series2通常)
・全体的な能力が高くスタミナ型
・全7球種あり、超変幻自在コンボに有利

70

原樹理(2019series2通常)
・全体的な能力が高く制球型
・全6球種
・メイン適性は先発も、超0で中継ぎ起用も可能

65

ハフ(2019series2通常)
・球威型
・称号で球威Aが狙える
・3球種は超変幻自在コンボにマイナス要素
・先発中継ぎ適性両方S
・シルエット化対象選手

65

近藤一樹(2019series2通常)
・球威型
・全6球種

60

山田大樹(2019series2覚醒)
・制球型
・全6球種

ヤクルト Sランク強さランキング2019(野手)

評価

解説

100

山田哲人(2019series2通常)
・ミートパワー走力オールA
・パワー走力同値
・二塁守備適性B78

85

ハウエル(2019series2外国人OB)
・ミートパワーA超えの同値

80

バレンティン(2019series2通常)
・打撃能力が高くパワー型
・パワーA

80

若松勉(2019series2 OB)
・全体的な能力が高い
・ミートAのミート型
・中堅守備適性B

80

青木宣親(2019series2通常)
・全体的な能力が高い
・ミートAのミート型

75

村上宗隆(2019series2通常)
・パワーAのパワー型
・一塁と三塁守備適性C
・ベストナイン&タイトルホルダーガチャ対象選手

65

中村悠平(2019series2通常)
・ミート型の捕手
・捕手守備適性B
・肩力A80

65

雄平(2019series2通常)
・走力型
・称号でミート型に変更可能
・特殊能力「代打の神様」

65

西浦直亨(2019series2通常)
・パワー走力の同値
・特殊能力はコンボを組みやすい「チャンス◎」

60

廣岡大志(2019series2通常)
・バトルスタジアムコラボ対象選手
・基本能力は低いがパワー走力の同値

60

中山翔太(2019series2覚醒)
・パワー型
・今後の活躍に期待

60

太田賢吾(2019series2通常)
・走力型
・低弾道なので自操作で打ちにくい

55

奥村展征(2019series2通常)
・打撃能力が低く走力型
・守備適性が多い

トップへ戻る